オレイン酸

アラキドン酸が体内に行き届いているメリットは

かつてはビタミンFという名称でも知られていたアラキドン酸には、たくさん知っていただきたいメリットがあります。
特に注目されているのは赤ちゃんへの効果です。
アメリカで行われた実験では、アラキドン酸を妊婦が適量を摂取している場合とそうでない場合では、すでに胎内にいるときから脳の成長に差が生まれることがわかっています。
アラキドン酸を適量摂取している場合は、アスペルガー障害を防ぎ、自閉症の発生リスクを低下させることもできるのです。

さらに、メリットはここまでに留まりません。
アラキドン酸は免疫機能の向上にもつながっています
免疫機能の向上に役立ち、小さな子どもから免疫が低下していく高齢者に至るまで身体を強くすることができるのです。
もちろん、摂り過ぎのリスクがあるのは事実ですが、適量の摂取は血圧の安定にも効果を表します。
コレステロールの低下にもアラキドン酸が活躍すると言われており、現在世界中で摂取を進めるムーブメントがあるのです。

ではデメリットはないのでしょうか。
アレルゲンとして指摘される場合もあるので、摂り過ぎは禁物です。
しかし、元々私たちはアラキドン酸を生命の維持に必要なものとしてきました。
上手に付き合い適量を守りましょう。