オレイン酸

中高年以降のダイエットとアラキドン酸

人は記憶力や新しいことを認識する能力が落ちてくると、気力が落ちるものです。
いつまでも若々しく、アクティブな毎日を過ごすには身体の健康はもちろんですし、脳の健康も大切です。
そこで、脳が衰えやすくなる中高年期以降は、ドコサヘキサエン酸やアラキドン酸のような不飽和脂肪酸を積極的に補う必要があります。

特にアラキドン酸は、脳機能以外にも大いに私たちに役立ちます。
中高年期に差し掛かると、やっぱり気になるのは血圧です。
健康を維持して生活しているつもりでも、どんどん高血圧の傾向になります。
そこで、大切なのは血圧を安定させる成分を補うことです。
アラキドン酸は血圧を安定http://www.rockit.me/ketuatuwosageru.htmlさせ、高血圧を防ぐ効果もあるのでまさに最適と言えるでしょう。

さらにまだ効果があります。
それは、心の安定です。
特にアラキドン酸を多く含む肉や魚には、心を安定させ脳に多幸感をもたらす効果もあります。

もしも今、あなたが中高年期に入り「ダイエット中で肉の消化は難しい」を感じるようになったら、アラキドン酸をどのように補うべきでしょうか。
そこで、おススメは「鶏卵」や「魚卵」です。
鶏卵や魚卵にも、肉や魚の身に負けないアラキドン酸が含有されています
魚卵と聞くと何だか手に入りにくいように感じるかもしれませんが、タラコは比較的安価で、しかも安定して手に入る食材ですのでおすすめです。