オレイン酸

アラキドン酸はなぜ摂取しなければならないのか

老化現象と聞くと、皆さんはどの部位に起こると想像しますか。
特に女性の皆さんですと、顔を想像するのではないでしょうか。
シミやシワは老化現象の一つで、悩まされている人も多いのではないでしょうか。
また、男性の場合ですと肉体の衰えを想像する人が多いのではないでしょうか。
昔のように重いものを持とうとすると、ぎっくり腰や筋肉痛に悩まされます。
このように老化現象は身体のあちらこちらに現れるものです。

でも、老化現象はこのように見た目だけのものでしょうか。
忘れてはいけないのは、脳も衰えるということです。
脳の老化現象は、物忘れなどの健忘症はもちろんのこと、アルツハイマーによる認知症も該当します。
記憶力がどんどん落ち、物覚えも悪くなっていきます。

こうした現象を防ぐには、ある成分を適宜摂取していくことが大切です。
その代表的な成分は、不飽和脂肪酸が該当します。
ドコサヘキサエン酸も注目の成分ですが、画期的な成分として有名なのは「アラキドン酸」です。
アラキドン酸が不足してしまうとアルツハイマーなどの原因になることが、すでに医学の研究でわかっています。
不足させないことが、脳の健康を維持する秘訣なのです。
老化現象を脳に招かないように、食事やサプリメントでアラキドン酸を摂りましょう。