オレイン酸

トロンボキサンはアラキドン酸から合成

アラキドン酸は様々な種類の成分の源になっています。
アラキドン酸が生成できる成分の1つには、トロンボキサンと呼ばれる成分もあります。
このトロンボキサンは、血小板の凝集を起こしてしまう成分として知られています。
その他にも、身体に重篤な健康障害を引き起こす場合もある、血管壁の収縮の原因物質でもあります。
つまりトロンボキサンが過剰に生成されてしまうと、健康の障害に及ぶ可能性は否定できないのです。
起案支援や気管支ぜんそくにも、トロンボキサンが関係していると言われています。

では、アラキドン酸は盛んな摂取が求められていますが、これは間違いなのでしょうか。
決してそんなことはありません。
確かに現代社会は食の欧米化、とも言われています。
しかし、健康ブームや理想の体型を追うがゆえのダイエットもあり、極端にアラキドン酸が不足している人がいるのも事実なのです。

健康志向が故に、脂質を避けてしまっているためと考えられています。
健康被害につながるのは、あくまでも過剰摂取ですので気にせずに安心して摂取していきましょう
また、もしも現在気管支に関する病に悩んでいる場合、トロンボキサンを抑制する薬飲むことで、症状が緩和することがあります。
医師に相談してみましょう。