オレイン酸

アラキドン酸が分類されている不飽和脂肪酸とは

皆さんは「不飽和脂肪酸」という言葉をご存知でしょうか。
私たち人間に不可欠な存在である不飽和脂肪酸とは、脂や肉、魚などに含まれる脂肪酸の1つです。
多くの不飽和脂肪酸は、人間の体の中で生成できないので食事などで常に補っていく必要があります。
しかし、摂りすぎると血管を詰まらせる動脈硬化や、肥満の原因になるので注意が必要な成分でもあります。

不飽和脂肪酸の代表格の成分として、有名な成分は「ドコサヘキサエン酸」や「アラキドン酸」です。
これらは脳の成長や心の安定に必要な成分として、子ども時代からの摂取が推奨されています。
先にも述べたように、摂り過ぎは禁物ですが適量は必須の成分です。
また、適量は動脈硬化を防ぐというとても良い効果があります。
不飽和脂肪酸の中でアラキドン酸は特に注目を集めており、認知症の予防などの効果が期待されています。
高齢化社会に悩む日本におおいて、アラキドン酸は救世主の役割を果たしているのです。
今後ますます進む高齢化社会でアラキドン酸の摂取は需要が増加すると言われています。

また、アラキドン酸は母乳にも多く含まれています
免疫の増強にも効果があるとされているので、粉ミルクにも多く配合されています。