オレイン酸

野菜中心の食生活にもアラキドン酸を

アラキドン酸は脂肪酸の一種で、非常に私たちに有益な成分として知られています。
特に、脳機能への効果が高く、記憶力の向上に大きな役割を果たしています。
赤ちゃんの健やかな脳の発達はもちろんのこと、加齢による脳の衰えにも役立つとされているのです。
そこで、現在日本国内はもちろんのこと、海外でもアラキドン酸をサプリメントで補おうとする動きが拡大しています。

元々アラキドン酸は食事で補える成分にも関わらず、どうしてサプリメントに頼る動きが拡大しているのでしょうか。
それは、世界的に「菜食主義」の拡大があります。
菜食主義とは、野菜しか食べない、あるいは野菜を中心にした食事を行う人の事をこう呼びます。
ベジタリアンとも呼ばれており、肉や魚を食べないという人もいます

しかし、忘れてはならないのがアラキドン酸は野菜では補えないという点です。
脂肪酸は野菜で補うことが出来ないので、肉や魚を食べないのであれば何らかの方法でアラキドン酸を補う必要があります。
ごま油などの植物性油でも補うことはできません

サプリメントはこうした菜食主義の拡大を背景に、広く受け入れられているようです。
もちろん、鶏肉などのシンプルな味のものでも補うことはできますので、少量の肉や魚を食生活の中に戻すことも良いでしょう。